産業カウンセラーよりも前段階のサービスです

弊社は、その前身である心の卵というNPO法人のときに、日本で最初にメールでグチをいってもらう「グチってメ~ル」というサービスを始めました。

このサービスは、メールを使って「今日、学校でこんな嫌なことがあった」というような、ちょっとしたグチを吐き出してもらうのが目的です。

開始当初は、マスコミにも取り上げられて大きな反響を呼びました。

「ここたまサポートひろば」はこのサービスでの経験が活きています。

企業様によっては、業務委託によって産業カウンセラーを派遣してもらったり、企業内カウンセラーを設置されていたり、社外のカウンセリングルームとご契約されていたりすると思います。

「ここたまサポートひろば」は、どれにあたるかといいますと、それらよりも前段階のサービスとなります。

まさに、「グチってメ~ル」のチャット版です。

従業員様が心理カウンセラーに相談されるという時点で、既に心に変調をきたしているわけです。

もしかしたらそうなる前に、お友達にグチを聞いてもらったり、スポーツやカラオケや飲み会などで、こまめに発散していれば、変調をきたすまでには至らなかったかもしれない。

「ここたまサポートひろば」はその役目を果たすためにあります。

「グチってメ~ル」は個人様向けサービスでしたので、不満を発散していただくだけでよかったのですが、「ここたまサポートひろば」はそれだけではありません。

チャットの内容から、従業員様が将来心の変調をきたすかもしれない「きざし」があれば、それを取り除くために、専門家の方々の協力を得て、企業様の職場環境と従業員様の心の問題をサポートするところまでが、このサービスの範囲となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です